AMD BigNaviの大規模な技術仕様のリーク フラッグシップNavi 21が22.5TFLOPSで80CUを搭載

GPU

AMDの今後のNavi21、22、23 GPUの技術仕様は、redditユーザーstblrVideocardz経由)を介してリークされました。これは、ユーザーが骨の折れる正確さのように見えるものと一緒にまとめることができたリークの絶対的な母体です。この情報は、MacOに存在するドライバーからリバースエンジニアリングされたものであり、おそらく正当なものです。この情報が不正確であると信じる理由がないため、これを噂としてマークすることはありません。

Navi21:80 CU、2.2 GHzブーストクロック、22.5TFLOPS

表から、Navi 21 GPU(おそらくRX 6900 XT)には80個のCUがあることがわかります。CUとSPの比率が同じままであると仮定すると、5120ストリームプロセッサを調べています。現在、Navi 21には、21aと21bの2つのバリエーションがあり、前者は最大2.2GHzのクロックを使用しているようです。これにより、カードの単精度計算パフォーマンスが22.5TFLOPで安定します。比較のために、NVIDIA RTX3080の単精度計算パフォーマンスは29.8TFLOPです。このカードは、AMDによって正しく価格設定されていれば、絶対的な勝者になる可能性があります。22 TFLOPのパワーは、平均的な4kゲーマーには十分すぎるほどであり、16GBのvRAMでAAAゲームを破ることができます。ただし、AMDはDLSSの代替案に取り組む必要があります。

Navi 22:40 CU、2.5 GHzブーストクロック、12.8TFLOPS

フラッグシップの弟であるNavi22G​​PUには40個のCUが搭載されます。これは(同じCUとSPの比率を想定)2560シェーダーコアです。しかし、印象的なことに、Navi22を搭載した主流の2.5GHz GPUがついに登場するようです。高いクロックレートは、カードがその重量クラスをはるかに上回り、12.8TFLOPの大規模なコンピューティングでクロックを供給するのにも役立ちます。これは、Xbox Series Xよりもわずかに高く、4kゲームには十分すぎるパフォーマンスです(設定を少しだけダイヤルダウンしてもかまわない場合)。

32個のCU(2048コア)を持つNavi23もあります。ただし、これ以上の情報やクロック速度の情報はありません。これは、このGPUがまだパイプラインにあることを意味している可能性があります。

プロパティナビ10ナビ14ナビ12ナビ21ナビ22ナビ23ナビ31
num_se2124224
num_cu_per_sh1012101010810
num_sh_per_se2222222
num_rb_per_se8884444
num_tccs168161612816
num_gprs1024102410241024102410241024
num_max_gs_thds32323232323232
gs_table_depth32323232323232
gsprim_buff_depth1792年1792年1792年1792年1792年1792年1792年
parameter_cache_depth1024102410241024102410241024
double_offchip_lds_buffer1111111
wave_size32323232323232
max_waves_per_simd20202016161616
max_scratch_slots_per_cu32323232323232
lds_size64646464646464
num_sc_per_sh1111111
num_packer_per_sc2224444
num_gl2a該当なし該当なし該当なし4224
不明0該当なし該当なし該当なし1010810
不明1該当なし該当なし該当なし1612816
不明2該当なし該当なし該当なし80403280
num_cus(計算済み)40244080403280
プロパティナビ10aナビ10bナビ14ナビ21aナビ21bナビ22
gfxclk(MHz)300-1000300-1000300-1900500〜2050500〜2050500〜2500
uclk(MHz)100〜750100〜750100-875577-1089577-1089577-1089
socket_power_limit_ac [0](W)180180110200238170
freq_table_gfx [0](MHz)300300300500500500
freq_table_gfx [1](MHz)140014001900年2050年22002500
freq_table_uclk [0](MHz)12410010010010097
freq_table_uclk [1](MHz)500500500500500457
freq_table_uclk [2](MHz)625625625625625674
freq_table_uclk [3](MHz)875750875100010001000

APU

リーク者はまた、AMDの今後のAPUに関する大量の情報を発表しました。

プロパティルノワールセザンヌヴァンゴッホレンブラント
num_se1111
num_cu_per_sh8886
num_sh_per_se1112
num_rb_per_se2224
num_tccs4444
num_gprs25625610241024
num_max_gs_thds32323232
gs_table_depth32323232
gsprim_buff_depth1792年1792年1792年1792年
parameter_cache_depth10241024512256
double_offchip_lds_buffer1111
wave_size64643232
max_waves_per_simd10101616
max_scratch_slots_per_cu32323232
lds_size64646464
num_sc_per_sh該当なし111
num_packer_per_sc該当なし224
num_gl2a該当なし該当なし44
不明0該当なし該当なし86
不明1該当なし該当なし44
不明2該当なし該当なし812
num_cus(計算済み)88812

BigNaviについてのまとめ

RX 6000シリーズにはかなり信頼性の高いリークがあり、仕様は明らかに次のとおりです。Navi21ベースのRadeon RX 6900 XTには16GBのvRAMが搭載され、Navi 22搭載GPU(RX 6800XTまたはRX 6700 XT)には12GBのvRAMが搭載されます。基本的に、カードの両方の層はRTX 3080よりも多くのメモリを搭載します。GPUタイプ(Navi 21/22など)とvRAM構成は多かれ少なかれ確認されていますが、命名法は多少異なる場合があることに注意してください。

RX6000シリーズのフラッグシップであるRX6900 XT(別名ビッグナビ)は、そのデザインがすでに同社によってからかわれているデュアルスロットカードです。リファレンスデザインには、LEDで点灯するRadeonロゴがあり、背面ではなく側面から空気を吹き込みます。このカードは、デュアル8ピンコネクタ、USB Type C、シングルHDMI接続、および2つのDisplayPort接続を備えています。ファンの設計は、すべての内部を冷却する大きなアルミニウムヒートシンクを備えたトリプルアキシャルテックファンです。冷却設計は間違いなく前世代からのステップアップであり、パフォーマンスを損なうことなくより低温で動作するカードを可能にするはずです。また、保持ブラケットと一緒にバックプレートを備えています。

一方、AMD Radeon RX 6800/6700シリーズは、(リファレンスデザインの)白黒の美学を特徴とし、オリジナルと比較してわずかにコンパクトなフォームファクタになります。中央に大きなRロゴ、側面に同じLED点灯のRadeonロゴが付いたデュアルアキシャルテックファンデザインが特徴です。兄と同じように、横から熱風を吹き飛ばしているようにも見えます。このカードは、興味深いことに、デュアル8ピンコネクタも備えていますが、AIBは、適切と思われる場合、これを8 +6にトーンダウンすることを決定する場合があります。このGPUは、小型のNavi 22カードを収容し、大型のNaviバリアントとまったく同じ豊富なIOセット、つまり、デュアル8ピンコネクタ、USB Type C、単一のHDMI接続、および2つのDisplayPort接続を備えています。AMDのRX6000シリーズは、2020年10月28日にハードローンチとしてデビューします。

引用元 https://wccftech.com/amd-navi-21-22-and-23-massive-technical-specification-leaked/

GPU
パソコンまとめ速報をフォローする
パソコンまとめ速報

コメント