AMD BigNavi Navi22 “Navy Flounder” GPUに40CU 2560コア 192bitメモリバスの仕様が発見される RX6700/RX6800で使用可能

GPU

AMDのNavi 22 “Navy Flounder” GPUが最新のROCm 3.8アップデートで発見され、Radeon RX 6800またはRX 6700シリーズのグラフィックスカードに電力を供給するチップの仕様が明らかになりました。

RX6800/6700 Navi 22 “Navy Flounder” GPUの仕様が公開 2560コア、192bitメモリバス

Navy Flounder GPUは新しい名前ではなく、シエナチクリッドについて聞いたのと同じ頃に知られています。リークごとに、AMD Big Navi GPUとも呼ばれるAMDのNavi 21 GPUはSienna Chiclidコードネームで使用されていますが、Navi 22 GPUは内部でNavy FlounderとコードネームされているカットダウンGPUです。

RedditユーザーStlbrVideocardzTUM_APISAKを介して)が発見した詳細によれば、Navi 22 GPUが仕様に関して何を提供する必要があるかがわかったようです。詳細によると、AMDのNavy FlounderまたはNavi 22 GPUには40のコンピューティングユニットが搭載される予定です。 AMDがRDNA 2世代のGPUでRDNA 1のラインナップ(CUあたり64ストリームプロセッサー)と同じストリームプロセッサー数を維持している場合、Navi 22 GPUの合計で2560コアが得られます。

ソース https://www.reddit.com/r/Amd/comments/ixktae/navy_flounder_has_40_cus_and_192bit_bus_source/

これにより、Radeon RX 5700 XTと同じコア数が得られます。コア数に加えて、GPUには192ビットのバスインターフェイスを搭載することが推奨されています。これは、過去数週間に何度も聞いたことがあるものです。噂によると、Navi 21 GPU(Radeon RX 6900シリーズ)は最大16 GBのGDDR6メモリを備えた256ビットバスインターフェイスを備え、Navi 22 GPU(Radeon RX 6800/6700シリーズ)は最大12 GBのVRAMを備えた192ビットバスインターフェイス。

AMD Navi GPUの比較

ParameterNavi 10Navi 14Navi 12Sienna Cichlid (Navi 21?)Navy Flounder (Navi 22?)
gc_num_se21242
gc_num_cu_per_sh1012101010
gc_num_sh_per_se22222
gc_num_rb_per_se88844
gc_num_tccs168161612
gc_num_gprs10241024102410241024
gc_num_max_gs_thds3232323232
gc_gs_table_depth3232323232
gc_gsprim_buff_depth17921792179217921792
gc_double_offchip_lds_buffer1024512102410241024
gc_wave_size3232323232
gc_max_waves_per_simd2020201616
gc_lds_size6464646464
num_sc_per_sh11111
num_packer_per_sc22244

リストされたパッチはNavy Flounder GPUに言及しているため、考慮すべき興味深い点があります。そのため、GPUメーカーによる一般的な慣行である特定の構成だけでなく、Navi 22チップの複数のSKUを期待できます。チップは、一般的にRDNA 2チップのGFX103Xシリーズと呼ばれるGFX10.3アーキテクチャ世代に含まれます。Navi 21 GPUはGFX1030に基づいており、Navi 23 GPUはGFX1032グラフィックアーキテクチャに基づいています。したがって、Navi 22 GPUはGFX1031グラフィックアーキテクチャに基づいていると想定します。

Navi 21 ‘Sienna Cichlid’ GPUと比較して、Navi 22 ‘Navy Flounder’ GPUのいくつかの大きな設計変更も報告されています。VCN 3.0(Video Core Next)とDCN 3.0(Display Core Next)の使用は、これがRDNA 2 GPUであることを再確認しますが、Navi 22がNavi 21と比較して下位層のチップであることを裏付ける証拠があります。まず、Navi 22 GPUは、Navi 21のVC3の2つのインスタンスに対して2つを備えています。また、Navi 21 GPUの4つに対して、SDMAコントローラーは2つに減少しています。

予想されるダイサイズ

  • AMD Navi 21(505mm2)
  • AMD Navi 22(340mm2)
  • AMD Navi 23(240mm2)

AMDは10月28日に正式にそのRadeon RX 6000シリーズのグラフィックカードファミリを発表します。2020年の後半は、最高のハードウェアでPCをアップグレードすることを楽しみにしているすべてのハードウェア愛好家と主流のPCゲーマーにとって、間違いなく興味深い時期です。

引用元 https://wccftech.com/amd-radeon-rx-6700-6800-series-rdna-2-navy-flounder-gpu-specs-revealed/

GPU
パソコンまとめ速報をフォローする
パソコンまとめ速報

コメント