Intel TigerLake CPU 8コア16スレッドで来年発売

Intel
At CES 2020, Intel previewed upcoming mobile PC processors code-named “Tiger Lake.” Tiger Lake’s new capabilities, built on Intel’s 10nm+ process and integrated with new Intel Xe graphics architecture, are expected to deliver massive gains over 10th Gen Intel Core processors. First systems are expected to ship this year. (Credit: Intel Corporation)

Intelは、2021年に最大8コア、16スレッドの次世代高性能10 nm Tiger Lake CPUを導入することを確認しています。この情報は、クライアントコンピューティンググループのBoyd PhelpsのIntelのCVP(Corporate Vice President)によって明らかにされました。

8コアと16スレッドの10nm Tiger Lake高性能CPUを確認

Boydは、Willow CoveアーキテクチャをベースとするIntelのTiger Lake CPUが提供するより高いキャッシュについて話していると、消費者は8コアのダイ構成で最大24 MBのキャッシュを期待できることを明らかにしました。Intelの最初のTiger Lakeラインナップは第11世代Uシリーズセグメントの下で立ち上げられ、最大4コアと8スレッドを提供し、合計で最大12 MBのL3キャッシュと来年デビューするTiger Lake-Hは基本的にそれを倍増する予定です。コアとスレッド数が2倍になった24 MBのL3キャッシュ。

Willow Coveコアは、中間レベルのキャッシュを512MBから512KBに増やし、1.25MBに増やします。また、コアスライスごとに3MBの非包括的ラストレベルキャッシュ(LLC)を追加しました。シングルコアワークロードは、4コアダイで12 MBのLLC、または8コアダイ構成で最大 24 MBにアクセスできます(8コア製品の詳細は後日)。

Intel

公式の確認に加えて、PTTフォーラムのSharkBayは、Tiger Lake-Hファミリーで利用できるさまざまなSKUに関する情報をさらに明らかにしました。Tiger Lake-Hは、ソケットが異なる2つのプラットフォーム間で分割できるようです。4コアと35W TDPを備えた標準のTiger Lake-Hチップは、Tiger Lake-Uチップと同じBGA1449ソケットに準拠します。一方、よりプレミアムな製品は、BGA1787ソケットを備え、45ワットTDPを備えた最大8コアバリアントを備えます。

興味深い部分は、35Wバリアントが96 EU Iris Xe統合GPUを備え、45ワットSKUがXe GPUでわずか32 EUを備えていることです。45Wバリアントには、4コア、6コア、8コアのバリアントがあり、BGA1449兄弟よりも周波数が高くなります。

Intel Tiger Lake-HとAMD Ryzen Hシリーズの比較

CPU Family NameIntel Tiger Lake-HAMD Renoir H-SeriesAMD Cezanne-H Series
Family BrandingIntel 11th Gen Core (H-series)AMD Ryzen 4000 (H-Series)AMD Ryzen 5000 (H-Series)
Process Node10nm7nm7nm+
CPU Core ArchitectureWillow CoveZen 2Zen 3
CPU Cores/Threads (Max)8/168/168/16
L2 Cache (Max)10 MB4 MBTBD
L3 Cache (Max)24 MB8 MBTBD
Max CPU ClocksTBD4.3 GHz (Ryzen 9 4900HS)TBD
GPU Core ArchitectureXe Graphics EngineVega Enhanced 7nmVega Enhanced 7nm
Max GPU Cores96 EUs (768 cores)?8 CUs (512 cores)8 CUs (512 cores)?
Max GPU ClocksTBD1750 MHzTBD
TDP (cTDP Down/Up)35W (65W cTDP)35W (45W cTDP)35W (45W cTDP)
LaunchQ1 2021Q2 2020Q2 2021?

高性能の10nm Intel Tiger Lake-Hラインナップは、新しいWillow Coveアーキテクチャーに基づく最大8コアおよび16スレッドのチップで構成されます。CPUは、最大34 MBのキャッシュを搭載します。これは、24 MB L3(コアあたり3 MB L3)および10 MB L2(コアあたり1.25 MB)です。Tiger Lake CPUには、非対称の48/32 KB L1キャッシュが付属し、AVX2およびAVX-512命令を完全にサポートします。Tiger Lake-H CPUは、2レベルメモリ(2LM)とSGX(Software Guard Extensions)をさらに備えています。IntelのTiger Lake-Hファミリは、最大3200 MHzのDDR4速度をサポートします。

IntelのTiger Lake-HはAMDのCezanne-Hファミリーの近くでローンチされ、IPCゲインが増加するZen 3(7nm +)コアと、まだ紹介されていない他の多くの機能を搭載する予定です。

引用元

Intel Confirms Tiger Lake 10nm CPUs With 8 Cores & 16 Threads Launching Next Year
Intel has confirmed its next-generation & high-performance 10nm Tiger Lake CPUs with up to 8 cores and 16 threads for 2021.

コメント