Radeon RX6000 “Big Navi”のテストボードの画像が公開! 16GB GDDR6メモリの搭載を確認

GPU

AMDの今後のRadeon RX 6000シリーズグラフィックスカードを初めて見た可能性のあるものの最初の写真が、Bililibiliからオンラインでリークされました@ Avery78を介して)。この画像は、AMDの愛好家クラスのグラフィックスカードにも利用される次世代RDNA 2 GPUを備えた初期のテストボードを示しています。

BigNaviは16GB GDDR6メモリ、256bitバスを搭載するとの噂

リーカーによると、写真は、赤いチームが10月28日発表する予定の多くのAMD RDNA 2ベースのRadeon RX 6000シリーズグラフィックスカードの1つのテストボードですグラフィックスカードには標準の長方形のPCBが付属しており、これが初期のテストボードであることを考えると、最終的な製品版は大きく異なります。そうは言っても、いくつかの詳細が述べられているので、PCBが提供する必要があるものをより深く見てみましょう。

公開された写真

この特定のPCBはBig Navi “RDNA 2” GPUを備えていると述べられています。特定のSKUについては言及されていませんが、ボードには「XT」ラベルが付いているため、クーラーの下にあるGPUダイ全体を見ている可能性があります。PCBの背面が描かれているので、GDDR6メモリのPCBマーキングをはっきりと見ることができます。AMDのBig Navi GPUがHBM2eメモリを利用できるという噂がありましたが、ここではそうではないようです。

このカードは、256ビットバスインターフェイスに搭載されている16 GB GDDR6メモリを使用しているとされています。これは興味深い選択です。つまり、3 + 3 + 2レイアウトでは、PCBの前面に合計8つのGDDR6ダイがあることになります。

これはまた、カードのプロ仕様のバリアントは、最大32 GBのメモリを備えた両面メモリを搭載できることを意味します。そうは言っても、256ビットバスは、AMDがバスの数を12に減らす予定がない限り、Radeon RX 6000シリーズのラインナップ内に大きく異なるコア構成の2つの16 GBモデル、または16 GBと8 GBオプションを搭載することを示唆していますGBモデルまたは別のバスで行く。

両面メモリを使用せずに16 GBの容量を実現するために、AMDは2018年の初めから生産されており、最大16 Gbpsの速度を達成できる16Gbダイを採用する予定です。 16 Gbpsのメモリ速度は、この特定のカードに512 GB /秒の帯域幅を提供します。ただし、これはまだテストボードであり、最終バージョンでは異なるメモリ仕様の異なるPCBが提供される可能性があるため、仕様はまだ確定されていません。カードの他の興味深い詳細には、GPU LEDを示すLEDが含まれます。これは、以前にいくつかのハイエンドRadeon RXグラフィックスカードで採用されていたGPU Tachの一部であり、GPUにかかる負荷の量を示す負荷メーターとして機能します。テスト環境で診断を実行するための特定のコネクターもあります。

冷却に関しては、NVIDIAとAMDの両方のテストボードでよく見られる反転型タワーヒートシンクを見ることができます。ヒートシンクは、両側にファンが付いた大きなアルミニウムフィンブロックと、GPU自体に接続されているいくつかのヒートシンクを備えています。

引用元

AMD Radeon RX 6000 "Big Navi" Graphics Card Pictured, Allegedly Features 16 GB GDDR6 Memory
The first picture of what could possibly be our first look at AMD's upcoming Radeon RX 6000 series "Big Navi" graphics card has leaked online
GPU
パソコンまとめ速報をフォローする
パソコンまとめ速報

コメント