Intelの10nmを搭載したJasperLakeラインナップが明らかに PentiumおよびCeleronが2021年初頭に発売

Intel

10nm Tremont ‘Atom’アーキテクチャーを搭載するIntelの次世代Jasper Lake CPUファミリーが、FanlessTechからリークされました。エントリーレベルのプロセッサーは、2021年初頭に発売される予算レベルのラップトップとファンレスミニデスクトップを対象としています。

IntelのJasper Lake ‘Atom’ CPUファミリーがリーク

インテルトレモントアーキテクチャは、低電力x86プラットフォーム専用に設計されており、古い14nmゴールドモントアーキテクチャを特徴とする前世代のジェミニレイクチップに比べてIPCが大幅に向上しています。Intel自身によると、新しいTremontアーキテクチャは、前モデルに比べて平均30%のIPC向上を実現し、非常に効率的でもあります。インテルのレイクフィールドSOCは、トレモントアーキテクチャを利用した最初の製品の1つで、ハイブリッドデザインでトレモントアーキテクチャを利用しています。トレモントデザインを利用したAtomコアの選択範囲が小さく、インテルの「コーブ」アーキテクチャにより大きなコアが搭載されています。

新しい部分に移ると、Intelは少なくとも3つのデスクトップと3つのモバイルSKUを計画しており、Tremontの「Atom」アーキテクチャーを利用する予定です。デスクトップSKUは10Wを備え、モビリティSKUは6W TDPを備えています。

https://cdn.wccftech.com/wp-content/uploads/2020/09/Intel-2020-Architecture-Day-9-scaled.jpg
IntelのCPUコアロードマップには、Golden CoveコアとGracemontコアを組み合わせて、2021年に到着する1つの非常に効率的な製品に組み込まれる、新しいAlder Lakeパフォーマンスハイブリッドアーキテクチャが含まれています。インテルの進歩。
(出典:Intel Corporation)

Intel Jasper Lake DESKTOP SKU(10W TDP)

  1. Pentium Silver N6005, 4C/4T @ 2.0GHz up to 3.3GHz (max quad-core burst), UHD Graphics, 4M L2 cache.
  2. Celeron N5105, 4C/4T @ 2.0GHz up to 2.8GHz (max quad core burst), UHD Graphics, 4M L2 cache.
  3. Celeron N4505, 2C/2T @ 2.0GHz up to 2.9GHz (max dual core burst), UHD Graphics, 4M L2 cache.

デスクトップのラインナップには、4コアと4スレッドのフラグシップパーツとしてPentium Silver N6005が含まれています。CPUには、2.0 GHzのベースクロックと最大3.3 GHz(最大クアッドコアバーストレート)のブーストクロックがあります。CPUはさらにUHDグラフィックスと4 MBのL2キャッシュを備えています。Celeron N5105も同様の仕様ですが、2.0 GHzベースの低速クロックと2.8 GHzブーストクロックが付属しています。最後に、Celeron N4505は、ベースクロックが2.0 GHz、ブーストクロックが2.9 GHz(最大デュアルコアバースト)の2コアと2スレッドのデザインを備えているようです。最もエントリーレベルのCeleronパーツは、UHDグラフィックスと4 MBのL2キャッシュを保持しています。

Intel Jasper Lake MOBILE SKUs (6W TDP)

  1. Pentium Silver N6000, 4C/4T @ 1.1GHz up to 3.1GHz (max quad-core burst), UHD Graphics, 4M L2 cache.
  2. Celeron N5100, 4C/4T @ 1.1GHz up to 2.8GHz (max quad-core burst), UHD Graphics, 4M L2 cache.
  3. Celeron N4500, 2C/2T @ 1.1GHz up to 2.8GHz (max dual core burst), UHD Graphics, 4M L2 cache.

モビリティラインナップでは、Pentium Silver N6000を4コア、4スレッド設計の最速SKUと見なしています。チップには、1.1 GHzのベースクロックと3.1 GHzのブーストクロックがあります。Celeron N5100も、ベースクロックが1.1 GHz、ブーストクロックが2.8 GHzの4コア、4スレッドのパーツです。最後に、ベース周波数が1.10 GHz、ブーストクロックが2.8 GHzで動作する2つのコアと2つのスレッドを備えたCeleron N4500があります。3つのモビリティSKUはすべてUHDグラフィックスと4 MBの合計L2キャッシュを備えています。

Intel Jasper Lake 10nm Tremont Atom Architecture_Pentium&Celeron CPUs_2021 Launch
Intel Corporationは2019年10月にTremontマイクロアーキテクチャーを発表しました。
Intel Tremontは、命令セットアーキテクチャ、マイクロアーキテクチャ、セキュリティ、および電源管理を進化させています。
Tremontは、コンパクトで低電力のパッケージで処理能力を強化するように設計されています。
Tremontベースのプロセッサーは、新世代の革新的なフォームファクターを可能にします。
(出典:Intel Corporation)

私たちは間違いなくいくつかの興味深い新製品、特にTremont Atomアーキテクチャーに基づくJasper Lake CPUを搭載したエントリーレベルのデバイスとPCを期待できます。CES 2021に関するニュースがさらに増えることを期待しています。

Intel
パソコンまとめ速報をフォローする
パソコンまとめ速報

コメント